キッチンのリフォーム

キッチンとダイニングのつながり方はプランニングの重要なポイントになります。リフォーム前に現在の不満点を整理してみることが大事です。例えば、配線がしづらいとか、キッチンにたつと家族とのコミュニケーションがとりづらい、リビングからキッチンが丸見えで来客があると落ち着かないなど、改善したい点を箇条書きにすると目指すイメージが明確になってきます。 さらにはキッチンをどの程度ダイニングから見えるようにするかという露出の問題や敷地条件からどれくらいのスペースを確保できるかという広さの問題、調理する際の使い勝手はどうかという動線や用途の問題などもからめてプランを絞り込んでいくのです。 キッチンスタイルにはクローズド、セミオープン、オープンの3種があります。クローズドはダイニングからキッチンが独立していて、来客が多い家庭でリビングダイニングからキッチンが目に入らなくしたい場合や、料理に集中したい人に最適です。料理のにおいや煙がほかの部屋に流れにくいのもメリットです。セミオープンはカウンターなどを挟んで、調理する人がダイニングの様子を見ながら家族とのコミュニケーションを大切にしたい人に向くスタイルになります。配ぜんや片づけなどもカウンター越しにすればスムーズです。オープンはキッチンとダイニングが一体化したタイプで配ぜんや片づけの動線がスムーズで広くて動きやすいので、熟年世代に向いています。

 

リフォームっていくらかかるの

打ち合わせ時に要望と予算枠を提示するといっても、希望するリフォーム工事費が数十万円で済むのか、数百万に及ぶのか見当がつかないと予算が立てにくいものです。キッチンや浴室など水まわりは、設備機器のグレードなどで費用に大きな差が生まれます。水まわりでは位置を替えると付帯工事費がアップし、木造住宅の浴室は土台などの腐食で補修の必要も生じることもあるのです。 目安としてはキッチンを一新した場合、105万円から158万円程度、洗面室を一新した場合、55万円から83万円程度、浴室を一新した場合は91万円から136万円程度、トイレを一新した場合は65万円から98万円程度、戸建て住宅の場合もマンションの場合もかかってきます。 また、内装は仕上げ材のグレードやリフォームする面積で費用が大きく異なるものです。戸建て住宅で1階のLDKを増築する場合は377万円から566万円程度かかり、戸建て、マンションともにLDKを一新するなら132万円から198万円程度、廊下を一新するなら29万円から43万円程度、和室を一新するなら122万円から184万円程度です。また、解体は部分的なものは含まれますが、既存建物の一部を数坪にわたって完全に解体する費用などは含まれていないので注意します。